SBMカバー率分布

北海道58%青森県67%岩手県70%宮城県79%秋田県70%山形県68%
福島県72%茨城県90%栃木県84%群馬県82%埼玉県93%千葉県93%
東京都97%神奈川県96%山梨県83%長野県81%新潟県73%岐阜県80%
静岡県82%愛知県93%富山県81%石川県89%福井県79%三重県88%
滋賀県86%京都府85%大阪府98%奈良県74%和歌山県77%兵庫県84%
岡山県84%広島県83%鳥取県79%島根県78%山口県87%香川県93%
愛媛県83%徳島県78%高知県74%福岡県92%佐賀県91%長崎県89%
熊本県78%大分県84%宮崎県75%鹿児島県82%沖縄県82%

カバー率計算には、下記の地形効果を加えています。

平地市街部:10%:伝播ロス=奥村市街地モデル+0dB
平地郊外部:20%:伝播ロス=奥村市街地モデル-13dB(奥村-秦モデルより)
森林広陵部:20%:伝播ロス=奥村市街地モデル+20dB(樹木+NLOS広陵地調査結果by総務省より)
山間峡谷部:20%:伝播ロス=奥村市街地モデル+30dB(強NLOSを考慮して広陵+10dB)
高地山岳部:10%:伝播ロス=奥村市街地モデル+40dB(強NLOSと高度を考慮して広陵+20dB)

カバー率計算では、「周波数ごとに面カバーする」ことを前提としています。
たとえばある地域で2GHzと800MHz両方の基地局が混在している場合、それぞれの周波数がカバーできる面積を算出し、いずれか大きいほうのみを計算結果とします。
このため、ドコモのように2GHzカバーと800MHzカバーのエリアを明確に分けているキャリアの場合は、実際のカバー率よりもかなり小さなカバー率の数値となります。


この統計は総務省に届出られた住所・送信電力を元に集計しているものであり、実際の運用状況を正確に表しているものとは限りません。

分布地図ではエリアへの寄与の少ないフェムト・屋内局を除いた数を表示しております。

カバーエリアの計算には3GPP/3GPP2標準の移動機性能基準および奥村モデルに加え、基地局実装の仮想パラメータに基づいた伝播距離計算を利用しているため、実際のカバーエリア率とは異なります。

市町村合併による市町村名変更により、正しい基地局位置が反映されておりません。順次反映作業を進めてまいります。



ケータイニュース.net
携帯電話基地局情報ページ